子供部屋は将来二部屋に区切れるようにしています。門のようにしてうっすらと空間を区切ることで、こっちは兄のスペース、こっちは弟のスペースといった形で自分の領域と認識し、片付けとかするかなと考えました。

今は、左側は机、右側はベッドという形にしていて、どっちがどっちのスペースという区切りは無いです。

この門の寸法は石膏ボードのサイズから決めていて、壁を作るときのコストが減ります。

子供用ミドルベッド

ミドルベッドを買ったのですが、寝相が悪く転がって落ちそうなので転落防止のため、この箱を作って取り付けました。

子供部屋なので、楽しい感じが良いなと思ってこのデザインに。

 

 

箱はホームセンターでシナランバーを4枚買って作りました。素人なので、簡単に作れる仕様にして、3×6 サイズの板を極力切らないで作っています。直線はプレカットしてもらいました。ベッドには穴や傷はつけずに、ベッドに最初からある柵に、マグロ釣り用の糸で固定しています。

材料費は塗料含めて13000円くらいでした。

学習机

子供用の学習机は、学習机評論家・収納マンのブログを読んで、浜本工芸の一番シンプルなものにしました。

引き出しがかなりしっかりしていて、天板の木目が揃っています。すべての角がきれいに取ってあって、子どもへの配慮と手間を感じます。

イスもブログを参考に色々探したのですが、成長に合わせて無理なく、良い姿勢で使い続けられる、子供専用のものとなると、なかなか好みのものがなかったです。北欧メーカー、もっと作ってくれないかな・・・と思いつつ、こちらも浜本工芸のものにしました。

学習机を探すまで、浜本工芸という会社を知らなかったのですが、業界ではかなりの大手で有名なのですね。無垢のナラ材はとても品質が良いと感じます。ただ残念なのは、机の天板のUVウレタン加工。加工はもちろんすごくきれいで、テカリもなく、安っぽさは一切ありません。汚れやすい子供机なので正解だと思いますが、個人的には無垢にオイルフィニッシュで、経年変化で育てられるような仕様も用意して欲しいです。