ダイニング・キッチンはテラスと同じレンガタイルです。DKで11畳くらい、Dだけだと7畳くらいなのですが、外までつながっている感じになるので、広く感じます。

ダイニング

レンガタイルの床は硬いです。料理のときは長時間立つことになるので、クッション性が高い水鳥工業サンダルを履いてます。casagarageさんのブログで、タイル床で妻の脚が痛くなったという記事を読んでいたので、住み始めすぐから対処しています。

子供は食事のときくらいしか、レンガタイル床部分では過ごさず、ここ以外はフローリングですので、基本的には裸足で過ごしても問題ないです。

 

ダイニングテーブルは一番探した家具です。丸テーブル希望で、探しに探しましたが、ベストがなかったので作りました。PP726がイメージに近かったのですが、高すぎて買えないですし売ってません。

天板は無垢の楢、3枚の巾接ぎ板で、直径は115cmにしました(120と迷いましたが、4人だと115でぴったりでした)。端は丸く削らずシャープにしています。天板は木材やさんに作ってもらい、反り止めと脚はそれぞれ別のところで買いました。天板をに溝を掘って反り止めつけるのは、素人の私では無理そうで、図面を描いて大工さんに取り付けてもらいました。仕上げはエゴマ油塗ってます。

子供用のイスはSTOKKEトリップトラップです。以前からこげ茶色のものを使っていて、それを削って子供と塗り直しました。良い思い出ですが、もうやりたくないです。次やることがあるなら、家具屋さんにお願いすると思います。焦げ茶を白にするわけですから、削るのですが、これがとにかく大変で、ふるさと納税でもらったマキタのサンダーで2脚合計6時間以上はかかったと思います。削る音うるさいし、ペーパーたくさん使うし、ボケボケしてたら爪まで削ってしまったりと大変でした。もっと時間がかかったのは塗装で、白塗って乾かしてペーパー掛けて、また白塗って乾かしてペーパー掛けて、ニス塗って乾かしてペーパー掛けて、またニス塗って乾かしてペーパー掛けるという地獄。工事中に作ってたのですが、これだけで6回も通いました。最初から白のやつ買ってたらどれだけ楽だったか・・・

でも、かなり好みの配色になりました。背もたれだけ青と緑に塗ってます。

緑 → HIPmini LC008 | 青 → HIPmini LC007

大人用はCH88です。Yチェアと同じ色を選べるようになったので、これに。差し色で少し色を使うのが好きで、キッチンや洗面所、リビング収納などは、小口の木の色が見えるというテイストです。

後ろに見えるのは、スツール60です。基本は犬小屋になってます。

スツール60はイスとして座ることは少なくて、本とか鞄とかを置く棚として多用しています。ここだけ布の張り地ですが、配色が気に入ったので買ってしまいました。来客時にぱっと使えたり、踏み台になたたりと、スツール60はイス以外の使い方ができて、おおらかで、さすがの名作だなと思います。