リビングは一番上の位置(2.5階)にあります。窓からはアオダモが見下ろせます。6畳くらいですが、我が家には十分です(右側に3畳くらいの畳スペースがあります)

床はバーチ、天井はロシアンバーチです。ロシアンバーチは外の軒天まで続いていて、下見張りのようになっています。

壁面収納は造作で、かなり試行錯誤しました。

私は宮脇檀さんが好きで、書籍や作品集をいくつも買って読みました。中でも一番好きなのはブルーボックスハウスで、そのリビングの収納(以前のもの)を見た時、「これだ」と思いました。他に参考にしたのはあさきちさんの壁面収納です。私が見た中では最高峰レベルです。

ブルーボックスの収納を真似した形で始めて、5回以上なんだかんやあって、最終的にはこの形に。シンプルになったため、家具工事ではなく大工工事仕様になり、コスト削減にもなりました。結構コストダウンになりますので、減額調整のときには、造作家具の形を少し変えるのもありです。

壁面収納

 

何度も変更繰り返して、何度もメール送りつけて迷惑をかけた部分の一つです(他にも多々あります)

家づくり中のみなさん。大金払っているのですから、声を大にしてわがままいいましょう!素人案でも、何個も出せば光るのもあって、それがきっと満足する家につながります!

さて、収納内部は無印のポリプロピレン系やファイルボックス等の収納グッズが入る寸法にしています。703バンカーズBoxサイズも中に隠せます。

 

障子のようにスライドできるパネルで、テレビ様にはお隠れになってもらいます。じゃまなので。

エアコンの業者掃除が必須のため、エアコンの上側の棚は取れるようになっています。下側は完全に空いています。下手なガラリでショートサーキットはイヤなので、正面も開きます。

空調ですが、夏はこのエアコンだけでOKです。冷気は下がるので良いのですが、冬は暖房入れても下のDKまで暖気が届きにくいので、ダイニングにガスファンヒーター置いています。つけると上にあるリビングも暖まります。

リビング

左のニーチェアXは、井上さんが

「外での時間を楽しんでください」

とプレゼントしてくれました。

とても嬉しかったです。折りたたみできて、持ち運びも簡単なので、よくテラスで使用しています。座り心地も良いですし、名作です。

井上さんと建てると、こんな素敵なサンプライズがありますよ!

たぶん。

ちなみに、ソファは隙間にホコリが溜まりやすいので、パーソナルチェアにしました。リビングでの生活の重心を低くしたかったのでPK22にしました。バタフライスツールは、主にこのオットマン代わりです。

ちょうど探している時期に、KAMADAさんにケアホルムコレクターの放出品が売りに出ていてラッキーでした。EKCではなく、フリッツ・ハンセン製です。KAMADAさんで色々なイスに座らせてもらいました。ベアチェアや曲線の美しいCAJAなど。六本木のショールームも素敵なので、内覧おすすめです!

良質な家具と出会えます。