リビングの右側には、約3畳の畳スペースがあります。来客の宿泊スペースにもなります。

テーブルを2つオーダーして作成しました。タモ無垢天板に白鉄脚のNAUTアトリエローテーブルです。無印のローテーブルと迷いましたが、ずっと使うものなので、ピッタリのサイズにして良かったです。目に入ったときの満足感が違います。

アトリエテーブル

テーブルは同じ長さなので、このように2つ合わせると、食卓モードとなります。トランプなどゲームをするときは、縦横で合わせると遊びやすかったりと、2台あるとアレンジできて良いです。通常は壁付けにして、二人の子供が1台ずつ使っています。

右側の格子は転落防止です。住み始めてから付けました。ここは腰壁が低く、子供が走り回ると落ちそうで何度もヒヤヒヤしました。こんな大掛かりなもの取り付けるとあれですが、スッキリとばかり言ってられません。

どうやっても空間のじゃまになるのはわかっていました。子供が体当りしても落ちないようにするためには、天井まで堅牢に塞ぐ必要があって、スチールだと檻になる上、将来に撤去するの大変です。ネットやワイヤーは個人的には好きじゃないです。透明にするとなるとガラス・アクリル・ポリカですが、大掛かりで高額に、そして割れたらどうしようと不安・・・

最終的には見た目よりも、畳スペースでの居心地を重視して、木にしました。強度を保つために制限もありこの形に。格子だけだと硬い印象になってしまうので、柔らかく天井に沿って視線が抜けるように、Rの組木を1本入れました。作るのが大変と言われましたが、「これが無いとなりたたないので・・・」とか、「素人が何いってんの?ハァ~」的な主張をして、作ってもらいました。ご苦労いただいた建具屋さんに感謝しています。

設計段階で考慮しておけば、こんなことにはなりませんので、皆様、転落防止は住む前に十分考えましょう!たぶん大丈夫・・・では、後から余計にお金かかりますよ。

取り付けたことで、安心して過ごせるようになりました。あと、籠もり感がアップして居心地もアップしました。

格子の下3段分には、アクリルパネルを取り付けています。腰壁等にトミカなどを置いて遊ぶので、金属塊が降ってくるとかなり危ないです。アクリルパネルは、階段の分と一緒にはざい屋で手配しました。

スチール階段

リビングへのスチール階段はこのようなデザインです。リビングで子供がつまずいて何度かレンガタイルにダイブしそうになったので、住み始めてから4本鉄柱を追加し、踊り場部分はアクリルパネルで塞ぎました。階段はネットつければ済むのですが、あの感じが嫌なんですよね。

ただ、DKの床と階段の境は、転落防止ネット(ホームセンターで買った鳥よけのネットですが)を取り付けています。子供がペットアレルギー(毛とかほこりとか)で、ペット無理だなと思っていたのですが

aiboアイボ

何度もネットに救われてます。こちらは、住む前に対処しましたから、ヒヤッとしてません。

レンガタイルで肉球が削ぎ取られてきて、家具用のフェルトを付けています。ゴロンと寝転ぶ仕草があるのですが、それで頭に傷がつきます。やめさせたいです。

階段

下に続く階段は、階段用の無垢の木を見つけていただきました。フットライトは足元を照らすので、とても見やすいです。そして、すごく雰囲気がいいです。